薄毛の治療薬について

抜毛、脱毛の症状で悩み、進行を少しでも遅くするために、

皮膚科医や専門医の診察を受け、薄毛に効果があるとされている「フィナステリド」の

処方を受ける方が増えているそうです。

「フィナステリド」は、薄毛治療に用いられる最も一般的な治療薬になります。

因みに、薄毛の方に処方される治療薬は、「フィナステリド」のほかに、

「ミノキシジル」という薬がありますが、この2つの薬は、効能に大きな違いがあります。

例えば、「フィナステリド」には、抜毛、脱毛の進行を止める効果がありますが、

「ミノキシジル」は、髪の毛を徐々に太くし、健康で強い髪の毛へと導く効果に期待ができる薬となっております。

こちらの2種類の薬は、日本では医師の処方がなければ使用することができません。

ですので、少しでも治療費を抑えたい方は、個人輸入業者を頼り、

「フィナステリド」「ミノキシジル」のジェネリック医薬品を購入しているとのことです。

但し、正規医薬品に関しても、ジェネリック医薬品に関しても、個人輸入で輸入した薬は、自己責任となります。

服用を続けた際、カラダに何らかの異常を発見した場合があっても、

カラダに発疹、痒みなどの副作用を感じた場合でも、業者には文句一つも言うことはできません。

2013年において、日本で肝機能不全・障害などの副作用は、日本国内で服用している患者数数十万人に対し、15例となっております。

この数字が多いと感じるか、少ないと感じるかは、服用する患者の感性次第ではないでしょうか?

【東京女性の薄毛治療応用サイト】http://www.dragonballzgame.org/