建設業許可申請について

一部の軽微な建設工事を除いて、建設業を営むためには通常、建設業の許可を受ける必要があります。
▼こちらをご確認ください 『建設業許可の申請はHIKE行政書士法人へ!

建設業許可を申請することになるわけですが、この建設業許可は、国土交通大臣に対して行うか、あるいは都道府県知事に対して行うことになります。

はじめに“一部の軽微な工事を除いて”と書きましたが、“軽微な”という表現の示す基準は、請負代金の額になります。

例として、住宅建設等一式工事として請け負うものや、建築確認などを必要とする増改築で、工事1件の請負代金が1,500万円未満の工事。

また、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事では請負代金の額に関わらず、“軽微”ということになります。

さらに建築一式工事以外の場合は、工事1件の請負代金が500万円未満の工事が、“軽微”に当てはまります。

これらに当てはまらない場合には、建設業許可を申請しなければなりません。